2019年03月07日

40代のみなさま、ジュエリーどこで買いますか?

宝石商・宮澤理恵の「ジュエリー語り」
【連載第2回】
40代のみなさま、ジュエリーどこで買いますか?

こんにちは。宝石商の宮澤理恵です。

40代の皆様、いざジュエリーが欲しい!と思った時、どこで買いますか? ブランドショップ、セレクトショップ、デパート……。どのくらいの値段のものを、どんな雰囲気の中で買うか?によって、選ぶお店も違ってきますよね。

 

有名ブランドショップは、値段や雰囲気がわかっているので、行きやすいですね。そのブランドの、特定の商品をめがけていけば、雑誌やネットで見た通りのものが買えます。

ブランドショップは購入額によって、対応が変わってきます。通常は店頭で買いますが、金額が大きくなると、別室に通されます。さらにVIPになると、ご自宅に担当の方が出向いたり、ホテルで開催される展示会に招待されます。

 

ホテル内のジュエリーショップですと、高額品を購入するとコースのお食事がついたりします。さらに超VIPになると、ファーストクラスやプライベートジェットで海外にいって、そこで旅行&新作を見る機会をもらえることも(もちろんご招待)。

 

デパートの1階には、手に取りやすい、トレンドのファッションに合わせやすいものがあります。こちらも雑誌や広告で目にするものが多いので、実際に着けてみて、どう見えるか?を店頭で試すことができます。

これらのお店でも、VIPになると、デパートの催事やパーティに招待されることがあるでしょう。

 

 

大手の貴金属メーカーが、他のたくさんのメーカーさんを募って、東京ビッグサイトなどの大きな会場で、大展示会!!を開催することもあります。ここでは、ありとあらゆるジュエリーが見られます。ジュエリーの大塚家具みたいな感じです。

担当者はつきません。自分で自由に、見て回る感じです。各メーカーさんが販売員さんを雇っているので、ブースごとに、その方の接客を受けます。

かなり、がやがやとした雰囲気なので、センス良く……という感じではないですが、かなり明確に欲しいデザインや予算があれば、楽しめると思います。

 

街のジュエリーショップや、時計屋さんと併設して、ジュエリーを置いているショップもあります。近所のお付き合いで、立ち寄ったり、DMなどを見て立ち寄ることもあるかもしれません。

ジュエリーのセンスを買うというよりも「お付き合いを重視する方」向けです。

 

都会には個性的な専門店もあります。オーナーが女性で、その方のセンスで選ばれたジュエリーを見ることができます。こういうお店は混雑しないので、オーナーとゆっくり話しながらジュエリーを見ることができます。いうなれば、素敵なマスターのいるバーみたいな感じ。

初心者の方よりも、もうジュエリーをいくつか持っていて、自分の好みもはっきりとわかっている方に向いています。

 

 

さて、私のような宝石商はどこで仕事をしているのでしょうか? 店舗を持たないで仕事をしている宝石商は、実は全国にたくさんいます。私の知り合いにも、かばん1つで、年間「億」のジュエリーを扱う方も。

 

私の場合は、表参道にある弊社のサロン、ホテルのスイートルーム、個室のレストラン、お客様のご自宅などで商品を見ていただきます。ホテルやレストランでのイベントは完全予約制なので、いらっしゃる方の好みに合わせて、ジュエリーをセレクトします。

生けるお花や、お茶菓子や、軽食もお客様のお好みに合わせて、その方の大好きが詰まった空間になるよう整えます。お客様の滞在時間は平均2時間。ジュエリーの話だけでなく、ファッションや旅行、グルメ、恋愛、などなどいろんな話をします。

 

ジュエリーを身に付けること。それは単なるファッションではなく、価値観や経験を表現するものだと思うんです。

「ジュエリーとどう付き合うか?」は、「奥行きのある自分を表現できるか?」の分かれ道です。40代の女性は、ファッションだけは完成しない、経験や、深い想いを積み重ねて来ているはず。それを十二分に表現し、楽しめるジュエリーにぜひ出会ってくださいね。

 

文・宮澤理恵 Rie Miyazawa

宝石鑑定士/宝石商
ゆらトレ®︎オーガナイザー
有限会社ハーティプラス 代表取締役
公式サイト http://hartyplus.co.jp/

PROFILE
1968年 広島県広島市生まれ。
広島女学院大学英米文学科卒業後、コンピューター会社に就職、銀行ATMシステムの開発に携わる。
大学生の頃より「90歳までできて、流行がなくて、世界共通の仕事がしたい」との思いがあり、26歳の時に、アメリカ・ロサンゼルスにある米国宝石学会(GIA)に留学。
世界中からあつまる宝飾のプロの卵たちとともに学び、宝石鑑定士・彫金士の資格を取得。留学中には、ビバリーヒルズの宝飾店でアルバイトをして、仕入れや販売の方法を学ぶ。
帰国後1年間、卸会社で営業の仕事に携わった後、29歳の時に小売業として独立。
お客様0人からのスタートからご紹介がつながり現在にいたる。顧客のライススタイルやファッションに合わせてジュエリーをセレクトすることが得意。
勤めた卸会社で、年間生産量がネックレスにして400本ほどしかとれない日本の真珠に出会う。これが大きな武器となり、卸売りも開始。

2005年(36歳)で第1子を出産。1,000グラムに満たない未熟児だったので「自分のからだに原因があったのでは?」「からだを作りなおしたい」と強く思うようになる。
2007年、まくらを使った体操法に出会う。肩凝りや疲れやすさが改善したこと、子供が小さく家でできる仕事をしたいと思い、2012年(44歳)のとき東京・目黒区の自宅にてトレーニング教室を開講。からだが変わっていく面白さをもっと追求したくなり、理学療法士の角田里紗氏に師事。角田氏の指導の元、ストレッチ、まくらを使った運動、筋肉トレーニング、施術を合わせた新メソッド「ゆらトレ®」を考案。2017年商標を取得。

2018年、表参道にスタジオオープン。表参道と自由が丘でゆらトレ®︎の指導にあたっている。

現在は、宝石商のかたわら、ゆらトレ®︎インストラクターとして、2つの顔で活動中。
プライベートでは、中学生になる娘、夫、愛犬のトイプードルとの生活を楽しんでいる。

取得資格:
・米国宝石学会(GIA)認定 宝石鑑定士・彫金士
・JCCA協会認定ベーシックトレーナー
・一般社団法人日本ファスティングコンシェルジュ協会認定講師

 


関連記事